Tel.06-6771-1001
オンラインショップ
ヤング式小腸ヨガ

腸の汚れをリセットしませんか♪

便は、実はお腹の中にいる時から作られ始めます。

 

妊娠5ヶ月頃、胎児に腸が形成されます。そしてへその緒を通じて母親から栄養をもらいますが、その栄養は胎児の腸に入り、消化吸収されます。

 

その際に吸収されなかった残りかすは、胎便としてお腹に溜まったまま生まれて来ます。

 

 

そして初乳を飲むことによって胎便の排泄が促されますが、

お母さんが生の水・生の野菜・生の穀物を食べて、それによってつくられた母乳でないとこの胎便は出し切ることが出来ません。

 

本来であれば、一日5~7回、2ヶ月ほど変わった便が出るものなのです。

 

 

でも、現代ではまずそのような食生活を送っている人はいません。ほとんどの方は生後すぐ排出されるべき胎便が排出されずに残っています。

 

この胎便は、年月が経つほどに猛毒になります。

 

加熱した野菜や穀物は、酵素や栄養素が破壊されているので完全には消化されず、一部は腸に溜まっていきます。特に、動物性食品は腸内で腐りやすく猛毒になります。

 

宿便(胎便に加えて、その後溜まっていく)があると、栄養よりも宿便からの毒素を吸収してしまうので、血液が汚れ、癌など様々な慢性病の原因になります。

 

毎日お通じがある人でも、出て行っているのは最近食べたものであって、この宿便はなかなか取れません。

 

万病の元、不調の原因となる胎児の頃から溜まった宿便を取り除くことは容易ではありませんが、

 

腸もみで宿便をほぐし、腸の汚れない生の穀物と生野菜中心の食事と生水を飲み、天然の宿便取りハーブによって出すことが可能です。

 

ヤング式小腸ヨガサロンで、胎児の頃からの腸の汚れをリセットしてみませんか♪

TOP