Tel.06-6771-1001
オンラインショップ
ヤング式小腸ヨガ

生で穀物を食べる方法

ヤング式小腸ヨガサロンでは、腸をキレイに保つための食事として「生穀菜食」をお勧めしています。

 

「生穀菜食」とは、生のまま穀物と野菜、さらに生のお水(非加熱)を摂る食事法です。

 

生の野菜を食べる事は比較的分かりやすいのですが、生で穀物を食べるのはあまり馴染みがないと思います。

 

 

お米や雑穀は、炊いてご飯として食べるのが普通ですからね。

 

ふつう米はそのままですと固くて食べにくいので、加熱して柔らかくするのですが、そうすると腸には溜まりやすくなります。

 

 

生のまま穀物を食べる方法としておすすめなのは、粉にすることです。

 

穀物は、粉にすると食べやすく、消化吸収も良くなります。何より穀物は生で摂ることでタンパク質やミネラルが最大限に活用されるのです。

 

生野菜だけではタンパク質の不足が心配ですが、生穀物をしっかり摂ることで良質のタンパク質を摂ることが出来ます。

 

 

ヤング式小腸ヨガサロンでは、小腸もみに来られたお客様のために

 

米(玄米・黒米・赤米)

雑穀(ひえ、いなきび、あわ、たかきび)の

無農薬の穀物の粉をミックスした

 

腸・健康生活 パワーフード「スーパーグレイン」を販売しています。

 

 

生の穀物を摂ることで、しっかりした筋肉を保ち、疲れ知らずの身体を維持することが出来ます。

 

野菜サラダに振りかけて食べたり、スムージーに加えたりしていただきます。

 

 

穀物の優しいプレーンな味なので、飽きずに食べ続けることが出来ますよ♪

TOP