Tel.06-6776-2442
オンラインショップ
ヤング式小腸ヨガ

環境ホルモンの危険性

「環境ホルモン」とは何でしょうか?

 

 

環境中にあって、本来のホルモン作用をかく乱する物質を一般に「環境ホルモン」と呼んでいます。

 

化学物質の多くは、「環境ホルモン」として人間を始めとする生物に影響を及ぼしています。

 

現在、食品や生活環境は化学物質であふれかえっているといっても大袈裟ではありません。

 

体の中に入ってくると、ホルモンの働きを乱してしまい、元々のホルモンの働きを邪魔します。

 

「内分泌かく乱物質」とも呼ばれ、女性ホルモンのエストロゲンに形が似ています。

 

 

女性の場合は、エストロゲンの分泌異常を起こし、女性の子宮・卵巣の病気を引き起こします。

 

男性の場合は、女性化の作用があるので、精子数の減少や異常が生じるなどの影響があります。

 

 

男性・女性ともに、

 

環境ホルモンの影響によって、大切な生殖機能に悪影響を及ぼしています。

 

また、不妊などが増えているのは、これらの環境ホルモンの影響であるということも考えられます。

 

 

現状の化学物質漬けの環境の中では全てを避けるのは無理ですが、

 

環境ホルモンの含まれる化学物質を、出来るだけ避ける努力は必須です。

 

 

そして、体内に溜まった化学物質(体内毒素)は、

 

デトックスで、なるべく身体の外に出していきましょう♪

TOP