Tel.06-6771-1001
ヤング式小腸ヨガ
オンラインショップ

活性酸素が身体をサビさせる

【活性酸素が身体をサビさせる】

 

「活性酸素」とは何か、ご存知ですか? 「活性酸素」とは、酸素が変化したものです。

 

不安定な構造を持っており、他の物質と反応しその電子を奪い取り、別の物質に変えるはたらきがあります。

 

そもそも、活性酸素は免疫機能として作用し、悪いものと結びついて身体を守る働きがあります。

 

活性酸素の力は、高い反応性を生かして他の物質に結びついて他の物質へと変化させる力です。

 

活性酸素が毒素と結びついて無害化させるだけならば良いのですが、増え過ぎると正常な細胞と結びついてその細胞を壊してしまいます。

 

活性酸素が増えすぎると、活性酸素の暴走が始まって悪玉化し、正常な細胞や組織をも攻撃するようになってしまうのです。

 

 

これが「酸化させる」(サビさせる)ということです。

 

増え過ぎた活性酸素が体内の細胞を酸化させ、細胞の正常なはたらきが失われてしまいます。

 

その結果、老化やいろいろな病気を引き起こします。

 

シミやシワなどのほか、がん・動脈硬化・糖尿病・老人性認知症・白内障といった大変な病気の引き金にもなるといわれています。

 

活性酸素は、日常生活の様々な場面で発生しています。

 

例えば、

 

食物をエネルギーに変える、喫煙・アルコールの摂取、電磁波・X線・放射線・紫外線を浴びる、工場や車の排気ガスを吸う、食品添加物の摂取、医薬品(化学物質)の摂取、菌やウィルスの侵入、ストレス、過剰な運動をする、etc.

 

 

 

このような現代生活の多くの場面で、活性酸素は発生しています。

 

 

さらに注意しなければいけないのは、腸内環境の悪化で悪玉菌が作った毒素などの有害物質を排除するためにも、活性酸素は発生しているという事です。

 

排除しきれなかった毒素は体中に血管を通って広がっていきますが、その先々でも活性酸素が毒素と戦うために発生します。

 

そのために、血液が汚れると毒素と活性酸素の二つの影響を受けることになります。

 

血液の汚れは腸内毒素=宿便が原因です。

 

宿便を出すためには、ヤング式小腸もみで宿便をほぐし、腸内環境を整えるための食生活(生穀物・生野菜・生水中心の食生活)がおすすめです。

 

 

 

そもそも、過剰な活性酸素を減らす仕組みも、人体には備わっています。

 

酵素、たんぱく質、ビタミンなどさまざまな「サビ止め」が待機していて、活性酸素が発生次第、たちまちこれを消してしまうという仕組みです。

 

しかしこのありがたいシステムにも限界はあり、大量の活性酸素が発生した時はカバーしきれません。さらに40歳を過ぎるとシステムもだんだん老朽化し、活性酸素に抵抗できなくなってきます。

 

活性酸素の除去に有効なフィトケミカル、「緑黄色野菜」や紫の色素である「ポリフェノール」にいわゆる抗酸化物質が多く含まれているので、意識して食生活に取り入れましょう。

 

 

そして「適度な運動」も大切です。

 

活性酸素の除去にはもちろん、リフレッシュやストレス解消にも効果的です。運動で腸が刺激され、腸内環境も整えることができます。

 

我々は本来活性酸素を除去する力を持っているのですが、老化とともにその力も衰えます。

 

活性酸素が増え過ぎない生活を心掛けることと、腸内環境を整えること、適度な運動をすることにより、身体のサビつきを防止しましょう。

 

 

参考サイト:

活性酸素って何だろう? | HelC+(ヘルシー) (health.ne.jp)

腸活のキホンをおさらい!藤田紘一郎先生による「腸活とは?」|うんとすっきり!腸活ジャーナル「ウントピ!」 (unlog.me)

TOP