Tel.06-6771-1001
オンラインショップ
ヤング式小腸ヨガ

便秘をするとおなかに毒が溜まっていく

こんなことはありませんか?

 

・数日に一度しか出ない。

・便秘薬で何とか出している。

・毎日出ているが、残便感があってスッキリしない。 

 

 

あなたは、いかがですか?

これらは、れっきとした便秘。

それは、おなかに毒が溜まっているサインです。

その「毒」があらゆる体の不調を引き起こしています。

ご自分のお腹を試しに強く押してみてください。

おそらく、痛 いところがあるでしょう。

 

 

 

そこに「毒」が溜まっています。

その「毒」の正体は何でしょうか? ?

それは「宿便」です。

「宿便」は存在しないという説もありますがそれは誤りです。

 

 

 

3日に一度でもお通じがあれば大丈夫というのは、大きな間違いです

肉や魚などの動物性食品を食べると、腸内で腐ります

腸内は、体温によりちょうど腐敗しやすい温度なのです。

また、加熱した食物は、消化されにくく、未消化のまま腸内に溜まりやすくなります。

これらの、消化されず腐った食物が、腸内に長年蓄積していったものが「宿便」になります。

小腸内の絨毛の間にも入り込み、毒素が血液内に吸収され体中を巡ります。

この宿便による血液の汚れが、がんを始めとした様々な生活習慣病の原因になっているのです。

 

 

便秘を抱えていること=身体に毒を貯め込んでいること

 

 

3日出なければ、便秘はかなりの重症です。

3ヶ月、半年と寿命が縮んでいきます。

毎日、食事の回数と同じお通じがあるのが理想的です。

 

 

 

 

ガンは便秘に始まり便秘に終わる?

 

週刊現代2020.2/22・29 号特集記事より

 

 

便秘でがんになりやすくなる?

 

腸には全身の免疫細胞の約6~7割が集中しています。有害な細菌を退治する身体の門番です

便秘により腸内細菌のバランスが悪くなると、免疫力が低下しがんになるリスクが高まります。

 

 

 

便秘は「がん」のサイン?

 

便が出にくい、残便感がある場合「大腸がん」の疑いがあります。

胃がんや膵臓がんの症状で、まず食欲の低下が起こり、それにより便秘が起こることもあります。

肥大した肝臓がんによって腸が圧迫され、便秘になることもあります。

 

 

がんが悪化すると、重度の便秘に!

 

お腹のがんの腫瘍が大きくなると、腸を圧迫し重度の便秘の原因になります。

便が石のように固くなって腸が詰まり、便秘で命を落とすこともあるのです。

まさに、「がんは便秘に始まり、便秘に終わる」のです。

 

 

 

お通じを改善すると「おなかスッキリ」朝から気分爽快!

 

 

毎日健康で楽しく、充実した人生を送るためには、便秘は、放っておいてはいけません。

お通じを改善することで、人生も思うようにスムーズに進むようになります。

お腹がスッキリしていると、朝から気分爽快です。仕事も頭が冴えるのではかどります。

遊びも、全力投球できます。まさに人生の質が違ってきます。

 

 

便秘の改善には、宿便デトックスが最も効果的!

腸をキレイに、元気にするためのメソッドが、「ヤング式小腸ヨガ」です。

 

 

 

 

ヤング式小腸ヨガサロンでは、

 

◎小腸をもんで宿便を砕き、腸の機能を活性化する

◎宿便デトックスハーブを飲んで宿便を洗い出す

◎体に最適な栄養で、腸に溜まりにくい生穀菜食に変える

 

この3つを実践することにより、あなたの便秘を解消するお手伝いをさせていただきます。

 

 

 

サロン一覧はこちら

 

 

TOP