Tel.06-6771-1001
オンラインショップ
ヤング式小腸ヨガ

これらの嫌な症状も、便秘が原因かも?

 

1.肌のくすみ、乾燥肌、吹き出物、ニキビなど

 

便秘になると腸内で悪玉菌が増加し、動物性たんぱく質をエサに、有害物質フェノール類を作り出します。フェノール類は、腸から血流に乗って肌に到達して蓄積すると、表皮細胞に悪影響をもたらして、皮膚のくすみや乾燥を引き起こします。

 

美肌の敵となるこのような症状も、便秘が原因になっているかも?

 

 

2.肩こり、腰痛、胃もたれも?

 

便秘により、腸内に宿便やガスが溜まると、背中や腰を圧迫して痛みを生じたり、

胃もたれも、宿便やガスによって胃が圧迫されて起こることもあります。

 

さらに腸内環境の悪化により自律神経が乱れ、交感神経が優位になることで、肩こり・腰痛が起こりやすくなってしまいます。

 

 

3.口臭の原因に

 

便秘により、悪玉菌が増殖して悪臭の強いガスを発生し、それが腸内に溜まります。腸の働きが悪くなると、おならとして排出しきれなくなります。

 

そのガスの成分が血液中に吸収され、肺に運ばれ吐く息にまざって放出されるので、あのイヤな口臭がするのです。

 

 

4.頭痛・イライラ・不眠

 

腸内には、腸管神経がびっしり。脳腸相関といって、脳の神経と腸の神経はお互いに影響を及ぼし合っています。

便秘により自律神経が乱れると、頭痛・イライラ・不眠になりやすくなります。

 

 

これは、ごく一部です。

 

他にもいろいろな症状が、便秘から起きていることが多いです。

 

(参考文献:「新しい腸の教科書」 江田証)

 

TOP