Tel.06-6771-1001
オンラインショップ
ヤング式小腸ヨガ

「腸もれ」とは?

「腸もれ」という言葉を聞いたことがありますか?

 

英語では、LEAKY GUT(リーキーガット)、「もれやすい腸」という意味です。

 

腸がもれやすいと、様々な不調を引き起こすといわれています。

 

 

 

「腸もれ」とは、一体どういうことなのかをご説明しますね。

 

ここでいう腸とは、小腸を指します。

 

小腸は食べ物からの栄養を吸収する器官ですが、何でも吸収している訳ではなく、からだに適した栄養のみを吸収するように出来ています。

 

きちんと消化されたタンパク質、脂肪、デンプンのみを吸収するように出来ており、未消化物や有害物質は通さないようになっています。

 

小腸の内側の表面には上皮細胞が並んでいて、正常な状態では、細胞が隙間なく密着し、この細胞を通して栄養素を吸収しています。

 

ところが、細胞に炎症がおきると上皮細胞のつなぎ目がゆるみ、隙間が出来てしまいます。

 

 

 

そうなると、腸が目の粗いザルのような状態になり、

 

 

未消化の大きなタンパク質、病原菌、ウイルス、花粉、添加物、毒素など、細胞の隙間から、本来血液中に入るべきではない物質がどんどん流れ込んでしまいます。

 

 

 

これが、「腸もれ」です。

 

 

未消化のタンパク質や花粉は異物とみなされ、抗体をつくり、アレルギー・自己免疫疾患を引き起こします。

 

また、毒素がどんどん血液中に入り込むため、毒素を処理するための肝臓に負担がかかります。

 

さらに、血液中に病原菌・ウイルスが侵入し、感染症にかかりやすくなります!

 

 

 

小腸内壁は、善玉菌がつくる酸性の粘膜のバリアによって通常守られていますが、

 

 

間違った食べ物による宿便の蓄積、薬、食品添加物、過度の殺菌や除菌などにより、善玉菌が減って悪玉菌が増えると粘膜のバリアが破られ、腸もれが起きます。

 

 

腸もみは宿便をほぐして排出させやすくするための施術ですが、同じ強さで揉んでも、人によって痛み方の差がかなりあります。

 

 

腸をもむことによって、宿便が押され、腸の炎症部分を刺激して痛みが出るのですが、

 

痛みがあるほど炎症がある、つまり腸もれの傾向がある、という事になります。

 

 

初めて腸もみを受けた頃は、かなり痛みがあった方でも、宿便が取れていくにつれて、腸の炎症が治まり同じ力加減でも痛まなくなって来ます。

 

その頃には、体調もどんどん良くなっていきます。

 

 

 

「腸もれ」は血液の汚れの原因となり、あらゆる病気にかかりやすくなります。

 

 

宿便を排出し、「腸もれ」を改善していくことが健康への近道です!

TOP