Tel.06-6776-2442
オンラインショップ
ヤング式小腸ヨガ

小腸もみ「ヤング式小腸ヨガ」とは

血液の汚れが万病の元であることはもはや常識となりましたが、血液の汚れが小腸の汚れから来ることは、まだあまり知られていません。 小腸の汚れを取り、きれいな血液がめぐる体を取り戻し、病気になる前より健康な体と、前向きな心を手にいれることは誰にでも可能です。

小腸もみで腸がきれいになる仕組み

腸もみはなぜ必要なのか?

お母さんのお腹にいる時に溜まった胎便と、生後食べ続けた動物性食品、加熱した穀物や野菜などいろいろ人間の体に合わない食事を続けています。
一部は排泄されるが、一部は小腸に溜まり、それが宿便となります。その溜まった宿便で、小腸はところどころ膨らみ、蠕動運動がうまくできなくなって、小腸の力が弱くなるのです。
体全体にだるさを感じたり、体力の衰えを感じることもあり、高血圧・肥満・肩こり・腰痛・偏頭痛・肌荒れ・生理痛・不眠症などいろいろな未病、体の不調が生じてきます。
腸をもむことで、蠕動運動を活性化し、血液循環が良くなって体の不調が軽減されるのです。

正常な小腸と見比べてください

医師であったヤング先生の祖父が病気の方々に施した菜食整腸健康法を基に、ヤング先生が50年間独自で開発した異常な小腸から正常な小腸へ導く方法です。
小腸の機能の回復と小腸と心の柔軟性を高めることで、潜在体力を引き出し、実用化する最善のメソッドです。
不調・病気で悩む方は免疫力を高めて自分で病気を良くするために、小腸の機能回復が必須です。産まれる前から溜まった胎便と宿便で小腸はかなり傷んでます。

小腸の汚れとは

小腸に溜まった胎便をはじめ、もともと人間の体に合わない肉・魚・揚げ物などの未消化物が溜まっている宿便の毒素のことです。
小腸に宿便がたまっていると、よい栄養を取ろうとしても、腸の壁にこびりついている毒性の古い不純物が吸収され、血液の中に入り、体中に運ばれます。
そして、血液はだんだん汚れていく。特に動物性脂肪と植物性を含め、様々な油脂は血液を濁らせ、血液の色も黒ずんで、ドロドロして流れもよくありません。
長年掃除していない排水管を想像してみてください。あなたの年齢と同じ建物の下水道のパイプの汚れを。
その汚れがあなたの血液に吸収され、便通も悪くなって便秘がちから慢性便秘になったりします。
ほかにも悪循環が生じることがあります。これは成人病(現代病)の始まりといっても過言ではないでしょう。

小腸を洗い出すのに必要な
「天然素材の下剤 宿便とり」

その宿便をとるのに、今までたくさんの下剤を試し、一番効果を感じたおすすめの天然素材の宿便とりです。
穀物の外皮などが配合されていて、適量の摂取で長年溜め込んだ小腸の宿便に絡んで排出を促します。
過去に他の下剤を飲まれて不安を持っている方は、こちらを試して、他の下剤との違いを実感してください。

Young’s Raw food(生穀菜食)

元気の秘訣は腸がきれいなこと。
腸を汚さない、負担をかけない食事、いつまでも細胞に張りのある体を保てる食事は生の穀物と生野菜と生水中心の食事です。私たちのおすすめする食事は現在流行っている「ローフード 」とは違うことがあります。
それは生の穀物を摂ること。
果物・フルーツはできるだけ摂らないこと。
ナッツ・植物性でも油はなるべく控えること。
酸味のあるお酢やかんきつ類、トマトも腸を弱くするので摂りません。
お水は加熱していない生の水を飲みます。
穀物に含まれるたんぱく質は、生でとることにより細胞のハリや機能を保つよう、しっかり働いてくれます。周りに生の穀物を食べてる方がほとんどいないので想像しにくいのですが、食べ続けているヤング先生やそのご家族を見ると年齢より若々しい肌と筋肉が残っています。これは長年食べ続けないと実感できないので、ぜひ日々の食事に生の穀物を取り入れてみてください。

古代からの贈りもの
パワーフード「スーパーgrain」

TOP