Tel.06-6771-1001
ヤング式小腸ヨガ
オンラインショップ

レジスタントスターチが豊富な生穀物粉

【レジスタントスターチが豊富な生穀物粉】

 

レジスタントスターチとは、「レジスタント」=「消化されない」、「スターチ」=「でんぷん」という意味であり、「難消化性でんぷん」とも呼ばれます。

 

1980年代に命名された食品中の成分で、

 

ヒトの小腸まででは消化されず、大腸に届くデンプンのことを指します。

 

消化されにくいデンプンというと、あまり良いイメージではないですが、実はとても健康効果の高い注目の成分なんです!

 

食物繊維の一種とされていて、腸内細菌に対して良い影響を与える効果があり、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の特性をあわせ持っているなど、ユニークな機能を有しています。

 

 

そもそもデンプンとは、多くのブドウ糖が結合したもので、アミロース(直鎖状につながった)とアミロペクチン(枝分かれした)で構成されています。

 

「消化」とは、結合したデンプンをブドウ糖に分解する作用のことです。

 

生米の状態は、デンプンが隙間なく詰まっていますが、熱を加えることで隙間が出来て柔らかくなります。さらに、水を加えることで隙間に水が入り、アミロースやアミロペクチンの結晶がほどけた状態になり、消化しやすくなります。これをα(アルファ化)といいます。

 

この状態では、消化酵素(アミラーゼなど)が作用しやすく消化が早まります。

 

しかし時間がたって冷えるなどするとアミロースが再結晶化したり、アミロペクチンと絡み合ったりしてボソボソとした状態になります。

 

これをβ(ベータ)デンプンといいます。これもレジスタントスターチの一種です。

 

 

 

レジスタントスターチは、デンプンでありながら、エネルギーになりにくく、整腸作用や生活習慣病の予防効果があるとされています。

 

 

レジスタントスターチの健康効果をまとめてみました。

 

◎血糖値の上昇抑制

通常のでんぷんは、摂取すると小腸で消化酵素によって分解されてグルコースになり、血液へ取り込まれるため血糖値が上がる。これに対し、レジスタントスターチは消化酵素によって分解されにくいため、血糖値の上昇が低く抑えられる事が分かっている。

 

◎腸内代謝

大腸に届いたレジスタントスターチは、腸内細菌によって代謝されて、酢酸、プロピオン酸、酪酸、コハク酸などの短鎖脂肪酸に変えられる。このような短鎖脂肪酸は、腸内を悪玉菌が活動しにくい弱酸性に維持する効果があり、善玉菌を育てやすくする。さらに、大腸から体内へ吸収されて大腸癌の予防、大腸炎の予防、中性脂肪やコレステロールの上昇抑制、インスリン抵抗性の改善など、全身の健康維持に役立っていることが複数報告されている。

 

◎空腹感の抑制

レジスタントスターチを多く含んだ食品を摂ると、小腸でおだやかに消化され、大腸ではゆっくりと代謝されて短鎖脂肪酸になるため、摂取してから時間をかけて体に吸収される。このため、朝食に食べると昼食、昼食に食べると夕食の空腹感や血糖上昇を抑える

 

◎摂取カロリーの抑制

でんぷん1gあたりのカロリーは通常4kcalとみなされているが、レジスタントスターチのように小腸で消化されず、大腸で腸内細菌に代謝されて短鎖脂肪酸として吸収されるでんぷんのカロリーは1gあたり2kcalと、通常のでんぷんの半分とされている。

 

血糖値が気になる方、腸内環境を良くしたい方、ダイエットしたい方にはまさにピッタリな成分ですね!!!

 

 

この「レジスタントスターチ」がたくさん含まれているのが、

 

ヤング式小腸ヨガサロンで販売している生穀物粉、「スーパーグレイン」です。玄米や古代米、各種雑穀が粉末状になっており、生の状態でも食べやすく工夫されています。

 

味はクセがないプレーンな味なので、水に溶いてドリンクにしたり、サラダに振りかけたりして手軽に食生活に取り入れることが出来ます。

 

 

「レジスタントスターチ」を、お手軽にたっぷり取り入れたい方には、特にお勧めします!

 

 

 

参考ページ:

レジスタントスターチ - Wikipedia

レジスタントスターチとは?期待できる効果と多く含まれる食品について | DFLIFE(ディーエフライフ) (grong.jp)

なるほど!米の新発見|【全農公式】「NO RICE NO LIFE PROJECT」 (noricenolife.jp)

デンプンの糊化(α化)と老化(β化)とは? - お菓子づくりを科学的に解説 (hatenablog.com)

TOP